神戸・明石で相続・登記手続、ふるえ司法書士事務所(古江司法書士事務所)

遺言書

遺言書

亡くなられた方の思いを残すために、また「争族」を未然に防止するために、遺言書の作成をおすすめ致します。

 

特に遺言書作成をした方が良いケース

 

夫婦に子供がいない場合

被相続人(亡くなられた方)の両親・祖父母が既に亡くなられている場合、配偶者と亡くなられた方の兄弟姉妹とで相続します。
兄弟姉妹が亡くなられている場合は、配偶者と甥(姪)で相続することになります。
普段ほとんど顔を合わせていない相続人同士では「争族」になる可能性がありますので、遺言書の作成をおすすめします。

 

内縁の妻がいる場合

婚姻届を提出していない場合は、内縁の妻には相続権がありません。内縁の妻に財産を残したい場合は遺言書を作成しておく必要があります。

 

再婚をして、先妻の子供と後妻がいる場合

この場合も、相続人同士(先妻の子供と妻))は普段ほとんど顔を合わせていないので、「争族」を未然に防止するために遺言書の作成をおすすめします。

 

相続人がいない場合

相続人がいない場合、財産は原則として国庫に帰属します。生前にお世話になった人等に財産を残したい場合は遺言書の作成をする必要があります。

 

その他にも、相続人同士の仲がよくなかったり、疎遠である場合、相続人以外の特定の人に財産を残したい場合など遺言書を作成した方が良いケースがございますので、お気軽にご相談下さい。

 

遺言書の種類

遺言書には、普通方式の遺言書と特別方式の遺言書があり、普通方式の遺言書は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
3種類の普通方式にはそれぞれ長所・短所がありますので、作成の意図や目的に応じて選択することになります。
代表的な自筆証書遺言と公正証書遺言について説明します。

 

自筆証書遺言

遺言書の全文・日付・氏名を自分で書き、押印する遺言書です。長所は、最も簡単な方法で費用がかからない点や遺言書の存在や内容を秘密しておくことができる点です。
短所は、ワープロやパソコンでの作成の場合や日付が判断できない場合などは遺言書が無効になる場合がある点です。
遺言を執行するためには、家庭裁判所の検認が必要とされます。

 

公正証書遺言

公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。
公正証書遺言の長所は、原本は公証役場に保管されますので滅失や改変の恐れもなく、法律の専門家が関与しますので、法律的に無効となる危険性が少ないこと、家庭裁判所の検認の手続きが不要な点などです。
短所は、手続きが多少面倒なことと費用がかかる点です。

 

以上、それぞれに長所・短所がありますが、遺言者の思いを安全に残すため、相続人間の無用なトラブルをさけるためにも、遺言書の作成には公正証書遺言をおすすめ致します。

 

ふるえ司法書士事務所(古江司法書士事務所)では遺言書作成のサポートをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回相談無料です。


是非お気軽にご相談ください。


ふるえ司法書士事務所


神戸市中央区相生町4−2−28

神戸駅前千代田ビル8階A号室

TEL 078−381−8705

FAX 078−381−8706

E-mail  info@furue-office.com



相続・遺言 不動産登記 商業登記 成年後見 事務所・プロフィール お問い合わせ